企業情報

熱意と信頼に応えて優良物件をご提供してまいります。

不動産事業には、大きく分けて売買(流通)、賃貸、建築の3つの分野があります。

それぞれに需給関係から相場が出来上がりますが、私が常々疑問に感じていたのは賃貸の取引慣行でした。賃貸住宅であれば敷金・礼金、テナントビルには保証金があり、需給とはほとんど無関係に、月額賃料の数ヶ月分と決まっています。

不動産オーナーの立場からは、保証金は保険のようなものですが、借り手から見れば、巨額の資金を利子もつかないまま眠らせてしまうことになります。東京の場合、保証金の相場は10ヶ月前後ですが、最近の大型物件の中には20ヶ月以上というものもあります。

私自身、ベンチャー企業を起こした経験から、スタートアップ段階で無駄な経費を使うことが、どれほどマイナスなのかを身にしみて理解しています。

ベンチャー企業は保証金以前に、社歴が浅い、実績が乏しいなどの理由から、入居すら難しいことも事実です。私が不動産事業を立ち上げようと決意した理由の一つは、そうしたベンチャー企業、中小企業の皆様を支援したいという思いからでした。

賃料、保証金等の条件を自由に設定できるように、物件は自社所有とし、お客様の社歴・実績ではなく、熱意・信頼を最大の判断基準として、不動産事業を展開してまいりました。将来的には、所有物件の賃貸に加えて、優良物件の売買、建築なども手掛け、総合不動産企業として株式公開も検討していく方針です。

私たちの事業のあり方が、一つの方向性を示すものとして不動産業界の活性化につながれば、望外の喜びとするところです。

すべては、お客様の利益のために。

 

それを合言葉に、今後も好立地の優良物件を、皆様にご提供してまいります。

 

株式会社スリーコーポレーション
代表取締役